NEW ENTRIES
替え歌少年「K」。
カテゴリ: 未分類
先日、偶然に小学校時代の友人K君を見た。
作業着を着て、コンビニの袋らしき物をぶら下げて歩いてくる。
私はすれ違いざまに「あっ!K君だ!」と分かったが、向こうは気がついていないようだった。
昔から工務店だった実家の家業を引き継いでいるのだろうか…。
ギョロリとした大きな目と、ちょっとしゃくれた顎は昔の面影そのままだ。
本当によく遊んだ友達だったけど、彼を語るうえで忘れられないことがある。
それはK君が替え歌作りの名人だったことです。

授業が終わって休憩時間になると「♪行くぞ~便所に~飛び出せウ●コ~♪」と歌いながらトイレに行く。(昔のアニメ“キックの鬼”の替え歌)
またある時は転校してきた高木さんという女の子がスカート履いたまま鉄棒をしていると、「♪タラッタラッタラッタ高木のパンツ~♪」とからかったりもしていた。(笑)

もしあの日、K君とすれ違わなかったら、このことは一生忘れてた思い出かも知れないし、こうして偶然出会ったことで一瞬のうちに、替え歌の「K」と思い出したのは、よほど当時のことが印象深かったのだろう。

あれから50年近くを過ぎた。
またどこかで彼を見てもおそらく話をすることはないと思うけど、もし聞けるなら「まだ替え歌歌ってんのか?」って聞いてみたい気もする。
いや、それ以上に「歌っていてほしい」という願望の方が強いかも知れないなぁ…。(笑)



スポンサーサイト
Edit / 2017.03.24 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
春告げ鳥。
カテゴリ: 未分類
「ホーホケキョ!」「ケキョケキョ」。
お天気のいいゴルフ場の山の中から、透き通るような「ウグイス」の鳴き声が聞こえてきました。
今のこの季節、ゴルフとは別に楽しめるのがバードウォッチングリスニングです。
ゴルフ場なので実際は双眼鏡やカメラを持って野鳥を探し回っているわけではありません。
でも、普段街中では聞けない鳴き声に非日常を感じることができます。

鳥は季節を忘れずに、毎年春が来たことを教えてくれるんですね。
ついでにゴルフも教えてほしいけど、これは無理だな…。



Edit / 2017.03.20 / Comment: 6 / TrackBack: 0 / PageTop↑
小学8年生?
カテゴリ: 未分類
いや~これは知らなかったなぁ~。
あの小学館から創刊されていた学年別学習雑誌が「小学1年生」だけを残してすべて廃刊したという…。
その変わりに新たに「小学8年生」の創刊とはどういうことだろう…。
私も小学校時代に付録が目当てで買ったことがあったので、廃刊の経緯と「小学8年生」創刊の意味が分からなかった。
調べてみるとこの学習雑誌は、小学館が創立以来発売されていたらしく、なんと90年以上の歴史があるらしい。
しかし、少子化現象による部数低迷のため、2年生から6年生を廃刊することを余儀なくされたそうだ。
「小学8年生」は1年生を除く、すべての学年に読める内容となっていて、これがまた売り切れ続出とのこと。
実際には小学生で8年生というのはあり得ないし、年数だけ数えれば中学2年生に当てはまる。
もしかして、留年した小学生用なのか?
どんな内容かよく分からないが、大人の私でも興味深々である。



「8」というデジタル文字は「2」~「6」までのどれにでも変わるところがナイスな発想です。
小学8年生



Edit / 2017.03.17 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
間抜けの小足。
カテゴリ: 未分類
「馬鹿の大足(おおあし)、間抜けの小足(こあし)、中途半端のろくでなし」という文句があります。
地方によっても違いますが、実はこれ大きな足や小さな足の人をからかった言い方なんだそうです。

そんな話をふっといてなんですが…。
実は私の足のサイズは24.5㎝です。
大人の男の足にしては、“間抜け”な部類ですね。(笑)

今、私の履いている靴の中に一足だけレディスのスニーカーがあります。
靴を買いに行ったとき気に入った物がなくてウロウロしていたら、なんとレディスの棚に偶然いい感じの靴を見つけました。
買うつもりもなかったけど、サイズ表を見ていたらなんと22.0㎝~24.5㎝と書かれていたのです。
「あれ?もしかして…!?」
そう思った私は店員さんに事情を説明して、一番大きなサイズを試してみると、少し横幅がきついだけでなんと履けてしまいました。
色や形も私の好みだし、履いて歩いてもレディスとは分からないかも知れないし、あとは決断だけ…。
それからしばらく迷ったあげく、思い切ってその靴を購入することになりました。

アシックスの「majo aile(マジョエール)」。
朱色に近い赤い靴ですが、その後も機嫌よく履いています。
少しきつかった横幅も履いてるうちに慣れてきて今ではほとんど気になりません。
ただ、デパートのような、つるつるとした床の上を歩くと「ペコッ ペコッ」と音が鳴るのが玉にきずです。
まあ、これは買ったときに確認出来なかったから仕方ないけど、やっぱり「間抜けの小足」だからでしょうか…?



Edit / 2017.03.15 / Comment: 2 / TrackBack: 0 / PageTop↑
ゴジラ対ガメラ。
カテゴリ: 未分類
先日発表された日本アカデミー賞の最優秀作品賞に「シン・ゴジラ」が選ばれましたね。
このような怪獣映画がこの賞を受賞するのはおそらく初めてことと記憶しています。
そして、遠いあの頃に想いを馳せると…。

今でこそ怪獣映画は観ませんが、私たちの年代の人は皆、ゴジラやガメラで育ったと言っても過言ではないでしょう。
小学生の頃は夏休みや冬休みに合わせてそれぞれの映画館で上映され、運が悪いと立ち見もあったくらいの怪獣全盛期でした。
「ゴジラ」、「ガメラ」、「ギララ」に「大魔神」…。
フランケンシュタインの息子で「サンダ対ガイラ」なんてのもありましたね~。
私はその中でも取り分け「ガメラ」が大好きで、ゼンマイ仕掛けで動く「ガメラ」のプラモデルを作ったこともありました。
当時、同時上映されていた「妖怪百物語」や「妖怪大戦争」は怖くてしっかり観れなかったけど、ガメラの活躍には心を躍らせてスクリーンに見入ってしまったものです。

友だち仲間では「ゴジラ派」と「ガメラ派」に分かれ、どちらが強いか?という論争もありましたが、実際にはこの両者の対決は配給会社の違い(ゴジラ=東宝)(ガメラ=大映)であり得ませんでした。(笑)
でも、「ガメラ」というのは子供が好きで、子供のいうことを聞いてくれる。
それが「ガメラ」ファンになった理由です。(笑)
あの頃は贔屓の引き倒しみたいに「ガメラが強い!」と言ってたobojiro少年…。
今ではそんなことより、ゴルフの腕前アップの方が気になって仕方ないようです…。(笑)



配給会社の「大映」はもうなくなりましたね。
ガメラ


ゴジラの鳴き声は独特でした。
ゴジラ


Edit / 2017.03.13 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
プロフィール

Author:obojiro
性別 : ♂
星座 : 乙女座
血液型 : O型
趣味 : GOLF

最近のトラックバック
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム